気候的に見て太陽光発電に向いた地域とは

今一般家庭でも盛んに導入されている太陽光発電。自治体の援助もあって急速に普及しつつあります。ですが一般の住宅であればどこでも設置して十分な電力が得られるのかと言えばそうではありません。太陽光発電には明らかに向いた地域と不向きな地域というものが傾向的に存在しているのです。

日本列島は南北に長く、それぞれの地域に特徴ある気候を有しているものです。誰でも学生の頃までには一度は日本列島の気候区というのを学習した経験があるでしょう。大まかに言って、日本列島は太平洋側と日本海側の2つの気候区に分けられるものです。

太平洋側は年間を通じての雨量が比較的多いものの、梅雨の一時期を除きそれが特別長続きする訳ではありません。概ね1年を通して良質の日照に恵まれ、太陽光の恩恵を十分に受けられるものです。

これと対照的なのが日本海側。夏季に良質の日照に恵まれるのは太平洋側と同様なのですが、冬期は大陸からの季節風により数ヶ月間に渡り雪雲に覆われ降雪も多く、太陽光が射さない日が何日も連続する事さえ珍しくありません。

こうして見ると、年間を通じて太陽光発電の効率の良い地域がおのずと太平洋側に集中し易いという事が分かってくると思います。

特に背後に大きな山地や山脈が控え、冬の雪雲を大陸側からシャットアウトしてくれる地域、つまり太平洋岸に面した宮崎県や高知県、徳島県といった地域は年間における日照時間も大変長く、太陽光発電に向いた気候であると言えるでしょう。
また内陸地域であっても、同じく冬の雪雲を山脈がシャットアウトしてくれる群馬県や山梨県等は日照時間が長く、太陽光発電にも比較的向いた気候なのです。

ただ一概に向いていないと思われがちな日本海側であっても、太陽光パネルの設置角を最も効率良い様に調整する事によってそれらの弱点を補える可能性はあるでしょう。

いずれにせよ太陽光発電の導入コストと電力買取額、そして自治体の支援等を天秤に掛け、多少の不利があっても長い目で見た時確実に元が取れるかどうかを十分検討し、導入を図る事が必要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です