意外と知られていない売電

太陽光発電と言えば、屋根にソーラーパネルを取り付けることによって電力を作り出し、それを普段の生活の中で活用するというエコな取り組みです。

つまり、太陽光発電の主な目的とは、早い話が節電なわけです。実際、太陽光発電を取り入れる理由の半数以上は節電を目的としているはずです。

そして、それは少しもったいないことでもあるのです。

節電だけを目的とするのはもちろん構わないのですが、太陽光発電にはそれ以外の用途もあったりします。そちらの用途も活かしてこそ、太陽光発電のメリットを最大限に引き出していると言えるでしょう。

では、節電以外の用途とは何かと言えば、それはずばり「売電」と呼ばれるものです。

あまり浸透していない言葉ですので、一見しただけではなんのことか分からないと思います。

しかし、一旦知ってしまえば非常に単純なものです。

売電とは要するに、太陽光発電で作り出した電気を、電力会社に売り渡す行為を指します。そんなことができるのかと驚く方もいらっしゃるでしょうが、当然ながら嘘でも偽りでもありません。現実にある話として、太陽光発電で作り出した電気を、電力会社に売り渡すことができるのです。

とは言え、売電をメインに考えて太陽光発電を取り入れるのは間違いです。作り出した電力を家庭などで使用したあとに、まだ余っている電力があったならば、その余った分を電力会社に売り渡す、といった具合にするのが、売電の基本的な扱い方になるかと思います。

余った分量が多ければ、当然ながらその分だけお金を手に入れることができます。しかし、間違っても大金が手に入るわけではありません。良くてお小遣い程度だと考えてください。

ですが、家庭の電力を賄った上でお小遣いも手に入るのだと考えると、太陽光発電は結構なメリットの塊だと思えるのではないでしょうか。

太陽光発電を取り入れる際は、是非とも売電という権利も上手く活用してみてください。得をすること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です