太陽光発電システム設置時はメンテナンス費用も頭に入れておくことが必要です

太陽光発電システムは太陽から降り注ぐエネルギーを、電気に変えてくれるとてもクリーンなシステムで、その導入件数も非常に伸びてきています。

太陽光発電の設置には数百万円の費用が必要になって、どの導入にはある程度費用がかかってしまうものですが、その費用を回収できるだけの売電などによる収入も発生します。

太陽光発電システムにはメリットがとても多いのですが、1点だけ忘れていてはならないのが、そのメンテナンス費用です。

太陽光発電システムでメンテナンス費用がかかると言われるのがパワーコンディショナーと呼ばれる機器です。このパワーコンディショナーという機器がおおむね10年程度で交換が必要だとされています。

そして、その交換作業をするのに10万円程度の費用がかかるとされています。また、太陽光パネルを大型のものを設置しているとパワーコンディショナーも2台必要になるので、メンテナンス費用が倍になる所も注意が必要です。

その他にも太陽光パネル自体も、一定年数が経過すると発電効率が落ちてくるので交換が必要になってくる場合もあり得ます。

太陽光発電を一度設置すれば永久に発電して、収入ばかりをえることが出来ると言うものではないので、メンテナンス費用が必要だという事を念頭に入れておかなければ、いざメンテナンスが必要になった時にその予算が無いということにもなりかねないので注意が必要です。

また、太陽光パネル自体の故障などに関して、ひょうや石などによってパネルが壊れてしまった際に、その補修費用を払わないでいいように、火災保険などで太陽光パネルの損害を補償してくれるプランもあるのでそのようなプランに、家の火災保険と一緒に加入しておくと、パネルが何らかの外的要因によって損傷した場合にも修理費用に困ることが無いと言えるのでおすすめです。

太陽光発電システムはとても高価な設備なので、常にある程度メンテナンスに必要な費用を用意しておくことが安心といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です