太陽光発電を導入しようか迷っている方へ

太陽光発電では、太陽からさし込む光を直接エネルギーに変えて発電を行います。光のエネルギーを電気に変えるソーラーパネルを設置しさえすれば誰でも太陽光発電の技術の恩恵を受けることができるのです。

2011年に起きた大震災以降、原子力発電に対する風あたりはますます強まっています。

今、クリーンなエネルギー発電方法として脚光を浴びているのが太陽光発電なのです。太陽光発電であれば廃棄物が出ませんし、降り注ぐ太陽光さえあれば十分なので原料を掘り起こしたり運搬したりする必要もありません。

このように太陽光発電は地球に優しい発電方法と言えるのです。

このように注目を浴びている太陽光発電ですが、様々なメリットやデメリットがあります。

まずメリットですが、まず第一に余った分の電気を売ることができるという点にあります。

自宅やオフィス等で消費する分を太陽光発電で賄うことができるのはもちろん、使わない分の電力を電力会社に対して販売することができるようになっています。

電力会社と10年契約で売電価格を取り決め、後は電力会社に対して供給できる電力量によって収入が決定されることになります。1KWhあたり30円以上で買い取ってくれる電力会社が多く、相場は変動するので一番高いところに電気を買い取ってもらうのが良いでしょう。

2つ目のメリットは、環境に優しいということが挙げられます。基本的にはパネルを屋根や空き地に設置するだけで、それ以上のものは必要になりませんので、資源を消費するということもありません。

自然破壊や地球の環境が破壊されていく中、こういった太陽光発電を行うことは市民が自然保護活動に関心を持つきっかけにもなります。

3つ目のメリットは非常用電源としての機能にあります。災害が起こった時にもこの太陽光発電で得た電力を使用すればしばらくは凌ぐことができます。自然災害に備えてソーラーパネルを設置することは有意義なことなのです。

ソーラーパネルを設置する際のデメリットは、初期費用がかかってしまうことが挙げられます。

今のところ発電効率は原子力よりも低く、ソーラーパネルの設置に投資したお金を回収するには時間がかかります。こういったデメリットもあります。

また2つ目のデメリットとしては日照時間が短いような場所ではあまり発電を期待できないということがあります。こういった日照時間の短い地域では高い発電量は期待できないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です