太陽光発電にも欠点は存在してします

非常にクリーンなエネルギーだと言われている太陽光発電なのですが、欠点がないという訳ではありません。例えば最大の問題は天候ではないでしょうか。日の出から日没までの間ずっと太陽光が安定して出続けてくれていればいいのですけど、残念ながらそう上手い具合には行きません。雨が降るという事はもちろんですが、そうでなくても雲が出ていることが多いですから、どうしても電力が安定せず不安定になってしまいやすいのです。

この問題を解決するための方法はいくつか考えられます。例えば1ヶ所だけではなく複数の場所で太陽光発電を行うというのもあるでしょう。ある地点では晴れているけれども別の時点では曇っているという様な場合、晴れている方の安定した電力を送電する事によって全体を安定させる事も可能だと思うのです。また、現在行われている火力や水力などの発電を組み合わせるという事も考えられるでしょう。

もっとも理想的な展開としては太陽光発電のみで全ての電力をまかなうという事になると思うのですけど、残念ながらまだそこまでの技術水準にまでは至っていないのです。そこの部分はしっかりと現実を見つつ対策を立てて行く必要があるでしょう。おそらく将来的には発電効率が劇的に高まることが予想されますので問題を解決できるかと思うのですが、それまでの間つなぎという意味でこれらの方法を試して行く必要があるでしょう。

太陽光パネルの価格自体はかなり安くなってきていて、これも太陽光発電を行う上で有利に働きます。これからその流れを加速するかどうかというのは、やはり消費者側の意識次第という事になるでしょう。この様な発電を行っている電力会社から電気を買うようにすれば益々需要が多くなり、太陽光パネルも安く生産できるようになるはずだからです。今はまだ夢の様に思えるかも知れませんが、大規模な生産がスタートすればあっという間に安くなり、信じられない様な価格で電力が供給される様になるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です