太陽光発電が普及するといいこと

太陽光発電はソーラーパネルを設置して太陽の光をソーラーパネルが電機に変えることでできるものです。太陽光発電のためにはソーラーパネルを設置する場所が必要になります。

ただ、設置場所は各家庭の屋根で十分に足りるはずです。なぜなら、海外で道端の街頭の一部がソーラーパネルになっているのですが、一晩中きちんと電気がついているからです。

家庭の電化製品でかなりの電力が必要な物は限られています。そういったものを別に他から電力をもらうことで日常に太陽光発電を取り入れることは可能になってきます。太陽光発電を取り入れることで環境にもいいです。

原子力発電と比較すれば危険度はかなり低いのがメリットです。

ただ、デメリットとしては太陽光発電だけでは全ての電気をカバーするのは難しいということです。曇りでもソーラーパネルはある程度発電することができます。ですが、曇りの日が続くと家庭の電力を全てカバーするのは難しいです。

また、電力がかなり必要なモノにはソーラーパネルは向きません。

実は家庭の冷蔵庫は電源を入れるときに電力が必要になります。ずっと継続して冷蔵庫を使っている状態であればそれほど電力は必要ないんです。ですから、たちあがりだけ何かの電気を利用してソーラーパネルに切り替えれば冷蔵庫をソーラーパネルからの電力だけで補うことは可能です。

ただ、継続して安定した電力供給ということになるとソーラーパネルでは無理があるかもしれません。

もし、将来的に太陽光発電が普及するとしたら、それは太陽光発電と何かの発電の併用となるでしょう。常に電力の供給源を太陽光発電に頼るのには限界があります。

ですから、現段階では各家庭でソーラーパネルを設置したとしても電力会社との契約を切ることができない理由もそこにあります。現状ではソーラーパネルだけで家庭の全電力を継続して補っていくというのには無理があるからです。

ですが、電力会社と契約を継続することで場売電と言って自宅であまった電力を販売することもできます。ですから、もしかしたら月々の電気代を抑えることができるようになるかもしれません。

全て太陽光発電で賄えればいいですが、現状では難しいことです。上手く太陽光発電が各家庭に普及するようになるといいですね。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です