太陽の光で電気を作る太陽光発電

太陽光発電は、太陽の光をエネルギーにし、電気を起こす方法です。太陽の熱エネルギーを使用していると考えられがちですが、実際は熱は発電に関して意味を持たず、夏の暑い最中には逆に発電効率が下がるというデータも存在します。

日の光の集まらない曇りの日や雨の日も発電率が落ちるため、世界中のどこでも活躍できるわけではなく、一年を通して日照時間の少ない地域で使用するには適しません。

発電を行うための太陽光パネルは、単体に見えますが集合体であり、いくつもの小型の部品が集まって一つの大きなパネルを形成しています。

以前には太陽光電池と呼ばれることもあったその部品は、実際には電池よりも発電機に近い存在で、日光をプラスに変えるものとマイナスに変換するもので構成され、電気を発生させています。

火力発電における二酸化炭素のように、発電の際に地球環境を汚す物質を生み出すことがなく、使用するのも太陽の光だけということから、最もクリーンな発電法として知られます。

光がある限り発電し続けることが可能ですが、それ自体に電気を蓄積する力を持たないため、日の出ていない時間帯に電気を使うには、他に蓄電できるシステムを用意しなければなりません。

仕組み自体はシンプルでエコであるものの、パネルに蓄電システムにと用意しなければならないので、導入の際の費用負担は大きくなります。

また太陽光パネル自体は半永久的に使用できる存在ではあるものの、野外に放置し続けなければならない特性ゆえに、定期的なメンテナンスも必要です。

しかし国が導入した補助金制度が機能したためか、そうしたデメリットがあっても日本の家庭での太陽光発電の導入率は増え続けており、今後のさらなる規模の拡大が期待されています。

ただ利用が増えたことにより、パネルによって発電される電気の買取価格の低下や、取り引きが縮小されるといった事案も発生し、その将来を不安視する声も聞こえます。

一家に一台太陽光パネルという時代になった時に、日本の電力事情がどう変わるのか、未来予想図に注目が集まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です