ソーラーパネルを設置する前に検討しておくべき点

今は太陽光発電がブームになっており、市や町から補助金が出るところも多くなっています。こういった時代の流れの関係もあり、ソーラーパネルを屋根や空き地に設置する人が増えています。

ただし、よくよく色々な要素を検討した上で導入を決めないと思ったとおりに発電できなかったり採算が取れなくなってしまうこともあります。

このようなことのないように、あらかじめ予想される発電量の推定や、補助金制度などについて詳しく調べておくこと大切です。

まず太陽光パネルを購入する前に最初にチェックしなければならないのは合計費用です。太陽光パネルに使われている部品はモジュールと呼ばれており、このモジュールが一番高価です。

これ以外にも送電線や工事費などの諸経費がかかってきます。太陽パネルの販売会社によって値段は変わってきますので、相見積もりを取ったりして予算と合うかどうかをチェックすることが大切になってきます。

次に見るべきポイントは太陽エネルギーの変換効率です。昔は効率が10%前後だったのですが、近年では技術革新により20%以上もの変換効率を誇るモジュールも販売されています。

当然ですが、発電効率が良くなれば、モジュール代も高くなる傾向にあります。この変換効率によって年間の発電量も変動しますので、この点も考慮しなければならないでしょう。

3つ目に見るべきは製品の保証期間です。一度購入しさえすれば太陽光パネルは半永久的に使えるものですが、やはり風雨などによって故障したり機能しなくなる可能性もあります。

このような時に保障がついていれば、無料で修理してもらうことが可能です。このようなリスクも考慮して購入を検討しなければならないでしょう。

4つ目に補助金の金額を確認することが必要になります。都道府県によって補助金制度の内容が異なるため。公式ホームページでチェックしてみるとよいでしょう。

詳細が書いてない場合は、電話などで問い合わせる必要も出てきます。いくつかの条件を満たさないと補助金は出ませんので、細かい条件指定を確認することが大事です。補助金が出ない場合は初期コストが高くなるのである程度の出費を覚悟する必要も出てきます。

これから2017年になり、消費税もアップします。したがって、設置するのであれば2016年中の方がコスト的に有利であると考えられます。コストとリターンのバランスを考えて、太陽パネルの購入を決めることをオススメします。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です